FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
細バンドミレウス ?173_convert_20110724000054
細バンドミレウス ?172_convert_20110723235945
細バンドミレウス 071+(3)_convert_20110723235351

我が家の細バンドは、飼い込み度が足りないのか、成長が追い付いていないのか、いまいちの発色なのです。
ショップや友人宅の同魚はいい色なのに。 
オスの腹に出てくる浮き出る赤スポットは、一時もっと出ていたのですが、少し引っ込んだ様です。おそらく、水槽のキャパを超えた混泳のしすぎで他の魚が多くて発情しないのでしょう。

さすがに水槽の過密度が高いので、少し減らすことを考えないといけなくなってきたかな?。


スポンサーサイト



レッドフックミレウス 057_convert_20110720005618
レッドフックミレウス ??022_convert_20110723233906
一枚目、2枚目は同じ魚です。少し角度が違うだけで色の見え方が変わりますね。
レッドフックミレウス ?049_convert_20110712234905
レッドフックミレウス ?042_convert_20110723232659
レッドフックミレウス ?001+(2)_convert_20110723232232
我が家のレッドフックは何匹いるんでしょう?。 事あるごとに追加してしまい、数えようとしても早すぎて解りません。・・・・そう、単に数える気が無いだけです。 いいんです。 このゴチャゴチャ感が気に入ってるんです。
ところでこのオレンジスポット、なんなんでしょうね。 オスだけかと思えば、メスにもあるし、婚姻色の様なものかと思えば、一度出れば消えないし・・・でも、オスの方が断然スポット数が多いし、その水槽内のボスオスが一番濃い色を出すので基本、婚姻色の様なものなのであってるのかな?
もっと、色が出てほしいけど、今のゴチャ混泳では大ボスになれないからこれ以上の発色は難しいかな?
クロベンケイガニ 118_convert_20110722230322
クロベンケイガニ 119_convert_20110722230025
クロベンケイガニ 120_convert_20110722230222
クロベンケイガニ 031_convert_20110722230709

仕事で行った先で、クロベンケイガニを捕まえてきました。

ガッシリした堅い体に、剛毛スネ毛の様な立派な毛が生えているタランチュラばりの足、カッコイイ蟹です。


持ち帰った中で、死んでしまうであろうダメージがある弱った中サイズ個体を、試しにアロワナの待つ水槽の中へ・・・ 入れると同時に速効食い付く我が家のキング。  咥えるとすぐに喉奥で「ガクン」と噛み砕く仕草。鰓から黄色いカニ味噌の様な物を吐きだしながら飲み込むと次を催促するように寄ってくる。
次にアカメ・シーパーチ・アイスポット・淡水エイが待つ別水槽へ・・・アカメ・アイスポットは咥えるものの、感触が違うのか、すぐに吐き出す。底まで落ちない間にシーパーチがしっかり食べる。アカメが食べるかと、数匹試すが、すべてシーパーチが食べた。
よほどうまかったのか、アロワナは気が狂わんばかりに水槽前面をこすりながら泳いでいる。
「まさか、これ食うかな・・・」 私が手にしたのは、たぶんMAXサイズであろうクロベンケイガニ。 すごい立派なハサミを持っている。 さすがにそのままはヤバい気がして爪を切り欠こうといつも冷凍エビ等を切る為に使っているハサミで・・・歯が立たない。堅すぎる。  そこで取り出したのはニッパ。これでないと切れない。
切り欠いた後、水槽へ投入。 大きすぎたのか足を飛び散らせたもののしっかり「ガックン」して喉奥で潰しているよう・・・あの堅いのを・・・どんな顎力なんでしょう。
さらに驚いた事が、飛び散った数本の足。 黒バンドミレウス、ミロソマ、細バンドミレウス、レッドフックミレウス、さらにメチニスまでもが参戦の、奪い合いの抗争が始まっています。咥え逃げ回り、奪い逃げ回り・・・繰り返す間にだんだん短くなるあの堅い足。 すごいです!
ふと気付いたのが、ニッパの歯に残されたMAXサイズの蟹の爪先! 
「ためしに・・・」私がそれを入れたのは、ベビーサイズのパクーの育成水槽。入れた途端に想像どうりのパクーベビー達による奪い合い! そして、ベビーサイズでも顎が強い事が、爪が小さくなっていくことでわかる。 すげー!  

元気なカニ達は、3歳の息子の相手にしばらく飼うことに・・・
怖がる息子に、家族中で「かっこいいな~」「誰も持ってないでー」などと言って調子に乗せようとしましたが、作戦どおりに行きません。 興味を持つようになるにはどうすればいいのでしょうか。
本日は、本題の前に少し愚痴を・・・
仕事で嫌な事があったんです。
今までも、信頼や良心を裏切られるような事が多数ありました。
誰もが知っている看板を背負っている店の人間が、何故、自分達の店を良くしようと良心で動く人間に、卑劣と思えるような事ができるのだろうか。
何故、人は自分の為になら相手はどうなってもいいと思うのだろう・・・。


私は、この世の中で、自分を恨む人間がいる事になるのだけは嫌だ。 私は不幸な事に、数人、恨んでいる人間がいる。しかし、立場を置き換えて、日々恨まれてたら・・・と、思うとゾッとする。 
自分は決してそんな人間にはなるまい。と、やられて反対に思う。

関係無い話で申し訳ありません。 改めまして、
スポッテッドメチニス めざせオニギリ ?256_convert_20110630012449_convert_20110716010701
魚友達の所に「オニギリメチニス」という、スポットが細かく、赤い発色があぶらビレまで出ている魚がいる。
知っている人も多数いると思うが、Aという店にしばらくいた魚だ。私には高価すぎて手が届かなかった。
その オニギリメチニス 程ではないが、結構発色しているスポッテッドメチニスです。
あの発色をめざせ!
スポッテッドメチニス ?091_convert_20110712230654
この子は2番手の発色具合
メチニス、ミレウス等のパクー類は、群れでいないとダメな魚のようだ。しかし、飛び切り大きくなるのはその中のボスになる魚だけ。だから、我が家ではサイズごとに育成水槽を別けている。
スポッテッドメチニス ?083_convert_20110712230447
この程度の発色具合の子が多数いて、ベビーサイズの新着パクーの数合わせになってくれている。そう、こいつらはぜんぜん大きくならない。新入りを大きくしては別水槽へ見送っている。いい加減お前達も別水槽へ昇格しろ!
スポッテッドメチニス 111_convert_20110712230916
スポッテッドメチニス ?069_convert_20110712230334
メイン水槽にいる大きいスポッテッドメチニス。大きいといっても15,6センチですが・・・。
我が家のキングは、飼育のきっかけとなった「アジアアロワナ」でしょう。
しかし、高級なのには懐具合が難しく、赤系アロワナでは最低価格帯の魚で我慢しました。でも、「最低レベルでも色はでるかも・・・」と、奮闘中!。 といっても、特別発色の為に何かをしている訳でもなく、目たれ、エラめくれが無い事を願って眺めています。
アロワナ ??038_convert_20110712224836
結構こいつは悪食で、金魚、ザリガニ、エビ、ワーム、コオロギ、固形フード、定番は当たり前、トノサマガエル、バッタ各種、最近はクマゼミをパクリ!  好き嫌いなく何でも食べます。
アロワナ 039_convert_20110712224937
パクー類はもちろん、同居の魚には結構協調性があるのですが、 アカメ、パーチ類だけはどれもダメ! 自分より遥かに大きいアカメをフルボッコにします。
アロワナ 037_convert_20110712224723


2011_0329 太バンドミレウス 大♂ 285_convert_20110630012054
パクーのキングは 我が家の最大パクー ブラックバンドミレウス (太バンドミレウス)です。
しかし、最近購入の カウア にその地位を脅かされるでしょう。きっと・・・たぶん・・・もうすでに・・・?。

300円メチニス ?004_convert_20110712224518
別の意味のキング  メチニス です。     どこの店でも売っている300円メチニスです。  なんで? 


大きいでしょ 。 
「ブラックラバーパクー」 
写真では解りにくいかもしれないが、このパクー、体が他のパクー達より体が黒っぽい。小さい時はもっと黒かった。
「このままおおきくなったら・・・むっちゃかっこいい!」と、想像を膨らませ、今年3月頃、500円玉サイズで購入!。
しかし、成長が遅い。一回り小さいサイズで同時購入の オレンジラバーパクーカッピン(10円玉サイズだった) に追い抜かれ、現在、やっと5センチサイズ。
口が体の割に小さく感じられるが、その関係で餌を奪い負けしているのかもしれない。
自慢の体色も、他のパクーの様な幼魚斑の縞模様のように消えていくかも・・・と、思っていたが、まだ体の外側に黒く残っている。
レッドフックミレウスと似ていて、どっちか解らない・・・なんて事にならない様に、神様に祈ります。


ブラックラバーパクー 089_convert_20110712231633
2匹います。こっちはメスっぽい。

ブラックラバーパクー ?090_convert_20110712231729
こっちはオスっぽい(本当か?・・・適当です(笑))

ブラックラバーパクー 080_convert_20110713225329
一ヶ月前です。

ブラックラバーパクー 075_convert_20110713225119
さらに半月前です。
3歳の息子を連れて、近所の川へ小エビを捕まえにガサガサをしに行ってきました。
私の小さい時のように、生き物に興味を持ってもらいたいのですが、息子は子ザリガニすら触ろうとしません。
ザリガニ、手長エビ、ミナミヌマエビ、フナ、ドジョウ、カダヤシ、ミドリガメ・・・「小さいねー」「きれいだねー」「かわいいねー」捕まえる度に、珍しい物のであるように見せるのですが、単なる水遊びに夢中で、全く興味を示しません。
将来、虫が怖いという男にだけは、なってほしくないんだけど・・・大丈夫かな?・・・。

ガサガサ ミナミヌマエビ 001_convert_20110709191120
ガサガサ ミナミヌマエビ 002_convert_20110709191311
ミナミヌマエビ達

タウナギ 007_convert_20110709191626
タウナギ 008_convert_20110709191748
タウナギ ゲット! 最近では珍しいらしいが、この川ではよく捕まえている。

ポルチャ ベビー 019_convert_20110709192112
ポルチャ ベビー 022_convert_20110709192248
大ザリガニ、大手長エビ、雑魚はアロワナ、アカメ、アイスポット達に・・・。ミナミヌマエビはポルチャベビーに・・・。食い付きが他の餌と一味違う!。特に小エビはエイベビーの立ち上げには必需品。

うなぎ ??071_convert_20110709222403
このウナギは、去年の今頃この川で捕まえたもの。チビパクー育成水槽でこっそり成長中。
グリーンメタルパクー ?050+(3)_convert_20110705233807
グリーンメタルパクー ?031_convert_20110705233159
前回に引き続き、我が家の育成中のパクー 「グリーンメタルパクー」です。
前回のグリーンラバーパクーとレッドフックミレウスとの間のような体型。成長速度は少し遅いみたいです。
現在、7,8センチ。2匹います。
パクーマニアの友人宅の同魚は、体表にレッドフックミレウス ルナのような赤いシミが出ていてカッコイイ!。 しかし、我が家の子達は赤い発色なんて欠片も無いんです。もう少し大きくなったら出てくれるかな?
グリーンラバーパクー(クリムゾンパクー) ??091_convert_20110705232709
グリーンラバーパクー(クリムゾンパクー) 064_convert_20110705232514
グリーンラバーパクー(クリムゾンパクー) 072_convert_20110705232317
グリーンラバーパクー(クリムゾンパクー) ??036_convert_20110705232909

グリーンラバーパクーの名前で購入のクリムゾンパクーです。
購入当初は一匹だったのですが、ショップに行く度に、この歪な体系が気に入ってしまい、もう一匹追加購入!
この二匹、我が家の子になって数か月になりますが、成長がやや遅い。
歯はピラニアばりにきつそうな割に可愛い体系、このアンバランスが実にいい! 密かに一番のお気に入り。
大きくなってどう変わるのか? 楽しみなやつです。
先日 水温上昇の為か、突然前触れもなくゼブラキャットを落としてしまった。
昔はびっくりする価格でしたが、飼育再開でショップに行くようになって手頃な価格(それでもけっこう高価ですが)になっているのに驚いた。
昔あこがれた魚だった為、ついつい手がでてしまった。ただでさえ大混泳の密集飼育。「大きくなったらどうしよう・・・」 しかし、連れて帰った頃には忘れている鶏の様な私。
ラインの出方に期待して10数センチから始まり、30センチ強まで来ていたのですが・・・

ゼブラキャット 2011,1,16 2913_convert_20110702002131
18センチぐらいの時
ゼブラキャット 2011,3,29 287_convert_20110702001610
30センチぐらいの時

しかし、前日まで何事も無く、餌もいつもと変わらずガツついていたのに、急にポックリ逝った事に思い当たる事が・・・ 過去にもアカメ35センチを同じ様に、前日まで元気だったのにポックリ!

アカメ中
背ビレに過去の面影が・・・

共通している事は、飼育過程でショック死から一度生還させていた事。

ゼブラキャットが20センチ程の時、体格にあった混泳水槽に水槽移動したら、くたーと自力で泳げなくなった。(流線型ナマズは多いと聞いた事がある)
あわてて、水流をつける為セットしてあった水中ポンプの排出口に口をくわえさせ10分(実際はもっと短いかも)、腕がだるくなっても自力で動き出すのを願ってあてつづけた。何度も「もうだめか・・・もうちょっと続けてみよう」の繰り返し。本当にあきらめかけた時、「ブルン・・」と自力で泳いだ。最初は斜め泳ぎだったが、しばらくすると完全ではないが復活してくれた。  この復活は将来に渡り飼育していく自信にちょっとなった。

アカメ(30センチ弱だったと思う)は同じように水槽移動しようとした時、網を水槽に入れただけでまだ魚体に触れていないのに、ピクピク、クター・・と横になってしまった(アカメではこの症状は聞いたことがないとよく言われる)。 しかし、自力では真直ぐに立てないというだけで支えて起こしてやると自力では呼吸している。 治ってくれるかも・・・という期待もむなしく数日経っても同じ状態が続いた為、アカメの特徴のある背ビレの一番長い刺に魚釣りに使うウキゴムで一番安い丸ウキをつけて浮力を付けてやると安定して真直ぐになった。が、自力では餌を食べれない。 だめもとで手でつかみ、無理やり口に小赤を入れてやると吐かずに飲み込んだ。 これが復活のカギだった。 食べなかったら持たなかっただろう。 一ヶ月ぐらいたっただろうか、時々ウキが取れて横になるを繰り返していたが、ある日何事も無かった様にウキが取れても自力で真直ぐ泳いでいた。


当時は浮き袋が悪くなったのだろう。と考えていたが、今は人間でいう脳梗塞のようなものではないか? クターとなるのは半身マヒなんじゃないか?と思っています。
一度なったことがあるマヒが、数ヵ月後再発、夜なのですぐに気付いてやれず死亡・・・なのかな? 単に水温上昇なんだろうか?

成長過程でのラインの出方を見ていきたかったのに、本当に残念なことになってしまいました。
新魚 導入しました。

ジャイアントパクー カウア オーレン 

どの魚も、なるべく小さなサイズから育てたい。 特に「パクー」は・・・日頃から常に持っているポリシーですが、それを貫くと手に入らない魚たちがいる。
「オーレン産のベビーサイズは入らない」ショップに入ってすぐに目が釘づけになった所で言われた一言。
大きいサイズのパクーはなるべく手を出さないと決めていたのに購入してしまった。
前から欲しかった上に、あの背ビレにやられてしまった。 性格も荒いであろう上に、20センチ以上のサイズ。飛びつくにはリスクが高い。 しかし、欲求に負けてしまった。 

繧ク繝」繧、繧「繝ウ繝医ヱ繧ッ繝シ縲?繧ォ繧ヲ繧「縲?繧ェ繝シ繝ャ繝ウ縲?011_convert_20110630235548
繧ク繝」繧、繧「繝ウ繝医ヱ繧ッ繝シ縲?繧ォ繧ヲ繧「縲?繧ェ繝シ繝ャ繝ウ縲?009_convert_20110630235410
繧ク繝」繧、繧「繝ウ繝医ヱ繧ッ繝シ縲?繧ォ繧ヲ繧「縲?繧ェ繝シ繝ャ繝ウ縲?048_convert_20110630235749

次の新魚

ジャイアントパクー マネシコ

この魚、自分では名前が合っているのかさえも良く解らない。初めて見る魚!
10センチサイズでミロソマ風の体形。
ガンガン大きくしてやるー。
繧ク繝」繧、繧「繝ウ繝医ヱ繧ッ繝シ繝槭ロ繧キ繧ウ縲?066_convert_20110701000005

10円玉サイズの新魚
ペルーイエローパクー 
ちょっと口が大きめの感じがします。
繝壹Ν繝シ繧、繧ィ繝ュ繝シ繝代け繝シ縲?002_convert_20110701000919

成魚サイズになってみないと解らないこのワクワク感がたまりません。また、楽しみが増えました。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。