FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄色いベビーパクー。なかなかカッコイイ!

どんな風になるのかと思っていたら、これが何と「クリムゾンパクー」のベビーだそうだ。

顔の感じが全然違うイメージだが、過去の成長過程からこれは解っているらしい。


DSC_2022_convert_20111209232739.jpg

黄色い体に黒ゴマスポット。

DSC_2025_convert_20111209231147.jpg

とがった口からはやはりクリムゾンのイメージが湧かないが、パクーベビーはみんなこんな感じだそうだ。

DSC_2027_convert_20111209231343.jpg

だんだん顔が丸くなっていくのだろう。成長による変化が見れるのは楽しみだ。

DSC_2018_convert_20111209232513.jpg

DSC_2020_convert_20111209232614.jpg

DSC_2021_convert_20111209232700.jpg

また大きくなるのが楽しみなチビ達が増えた。
スポンサーサイト



友人と交換して新たに我が家に来た2匹、「ペルーミレウス」と「セナブルギ― タイプⅡ」。

替わりに嫁に行ったのは「レッドフックミレウス ルナ」。我が家の一番派手に斑が出ている個体。

友人はこの斑に弱いようだ。



ペルーミレウス DSC_1962_convert_20111128010016

このアブラ鰭の位置の魚はいなかったのでうれしい。

ペルーミレウス DSC_1963_convert_20111128010059

成長したらどんな体色になるのかな。

ペルーミレウス DSC_1964_convert_20111128010147

結構前の所では攻撃されていたようで、鱗がかなり禿げている。

ペルーミレウス DSC_1958_convert_20111128005646

ペルーミレウス DSC_1959_convert_20111128005758


もう一匹、「セナブルギ―タイプⅡ」

セナブルギータイプⅡ DSC_1953_convert_20111128005255

我が家の「セナブルギ―黒タイプ」と同時期にショップで売られていた個体。

ショップで見ていた時購入するか迷っていた個体が、時を経て我が家に揃うというのは喜びというか不思議な気持ちだ。

セナブルギータイプⅡ DSC_1954_convert_20111128005336

ショップにいる間あまり大きくならなかったが、友人宅でも大きく育たなかったようだ。

セナブルギータイプⅡ DSC_1955_convert_20111128005417

現在、12,3センチ。我が家のセナブルギ―黒タイプは20センチぐらいある。

セナブルギータイプⅡ DSC_1956_convert_20111128005457

大きく育つ個体と、育たない個体、ベビーの頃から差が付くが、何がきっかけになるんだろうか?

セナブルギータイプⅡ DSC_1957_convert_20111128005559

前の水槽でもそうだったみたいだが、我が家に来ても他の魚にちょっかいをかけるようだ。

ひょっとして鱗食いなのでなないだろうか?
「スーパーオレンジフィンレオパードトリム」

オレンジ色の鮮やかさに目が止まり、あまりに激安だったので衝動買いしてしまった。 

買ってから性格がきついと聞かされ、ビビりながらパクー育成水槽へ導入。

しかし、思ったほど暴君にはならず、大ウナギと成長した近所の川で捕まえたウナギが大人しく隠れている流木の

裏を割り込んでいくぐらいでおさまっている。


オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1978_convert_20111128010918

オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1980_convert_20111128011000

オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1981_convert_20111128011043

オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1967_convert_20111128010426

オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1971_convert_20111128010603

オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1972_convert_20111128010653

オレンジフィンレオパードトリムプレコ DSC_1975_convert_20111128010741

「プレコなら邪魔にはならないだろう」と、いう考えは友人からは甘いと言われている。

近い将来、困る事になるんだろうな。
過密飼育で「この魚」というのを探すのが時間が掛かるようになってきた。

もう 「ウォーリーを探せ」の状態。

カメラに収まるように網を片手に脅かしてパチリ!

これ!といったパクー探してみて下さい。

パクー育成水槽 DSC_1902_convert_20111117003244

パクー育成水槽 DSC_1903_convert_20111117003330

パクー育成水槽 DSC_1906_convert_20111117003517

パクー育成水槽 DSC_1924_convert_20111117002946

パクー育成水槽 DSC_1925_convert_20111117002815

パクー育成水槽 DSC_1986_convert_20111128011545

パクー育成水槽 DSC_1987_convert_20111128011659

パクー育成水槽 DSC_1989_convert_20111128011837

パクー育成水槽 DSC_1988_convert_20111128011743

全員が成魚になったらとんでもない事に!

楽しんでる場合じゃなくなってきた。

おっ?   なんだ?  こいつはいい!

最近のニューフェイス。

実は現物を見ないで購入した。

友人Y氏が、「変わったのいるけど買って行こうか?」と、ショップから電話連絡をくれた。

特徴を聞いて、「買ってきて!」。

けっこう高価なのに、変わったパクーとなると止まらない。病気だな。



販売名 「スーパーロングフィンゴールデンパクー」


我が家の水槽には金系のパクーがいなかったので、うれしい。

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1942_convert_20111128004411

黄緑がかった金色の体に長い尻ビレ。

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1943_convert_20111128004452

長い尻ビレは赤ではなく、黒基調の金色。

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1940_convert_20111128004246

尻ビレはアーノルディ並に、いや アーノルディより長い。

頼むから他のやつらにかじられないで!

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1941_convert_20111128004323

写真では尻ビレがバラケているが、今は綺麗にそろっている。

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1947_convert_20111128004731

クリムゾンに一番近いかな? クリムゾンの顔をちょっとスリムにした感じ。

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1937_convert_20111128003932

体色が変わった時は側線から下後方半分が黒くなる。 

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1938_convert_20111128004136

水流には弱いみたいで、流れの弱い場所から離れない。

長いヒレが邪魔なのかな?

スーパーロングフィンゴールデンパクー DSC_1939_convert_20111128004211

ちょっとおとなしいのでいじめられないか心配ですが、見た事が無い魚になってほしい!
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。